キッチン用精米機
キッチン用精米機「マジックミル」(サタケ製)

ついに、林さんちの玄米をより美味しく食べてもらう為に、キッチン用精米機を販売します。

これがあれば、近所にコイン精米機がなくてもOK!

林さんちが調査の結果、各種の製品の中でもシンプル!そして高性能!

色々な裏ワザで、色々なご飯を食べることが出来ます!


「サタケ」は精米機メーカーでは世界一のブランドメーカーです。

林さんちでも、いつもお世話になっています。


精米方法

玄米を入れる
フタを空け、専用のカップ(1合)で玄米を入れます。
最大5合まで可能。最適な量は3合です。
フタを締める
フタはパチッ!と手応えがあるまで締めます。
精米開始
開始ボタンを押す。
画像の場合は、3合・白米の設定。
3分間精米。
精米終了
精米ブレード(中の羽根)を外します。
精米終了
精米ブレード(中の羽根)を外します。
精米を容器に移し精米完了

忘れちゃならない米ヌカ

なんと言っても、この精米機で素晴らしいのは、
米ヌカが手に入ることです。
ステンレス容器の下のヌカ箱にたまった米ヌカなめると、
甘いんです、これが!
米ヌカの裏ワザ
一度『3ぶ』で精米、玄米表面のヌカを取り除き、二度精米。
二回目の米ヌカは、それはそれは綺麗!使い方色々

これが簡単!後片付け

なんと言っても、家庭用精米機のネックは後片付け。
普通は洗うのが大変なんです。
しかし、林さんちが見つけたこのマシンは超簡単です。
普通はハケで、パッパッ!で終わりです。
水洗いもスポンジでゴシゴシで終わり。
部品がシンプルなので鍋を洗うより楽チン!

こっからがスゴイ、裏ワザ!

マジックミルは精米具合は、精米時間で決まります。

しかも、精米したお米は、下に落ちず、容器にとどまるのがミソ。

いつでもフタを開けて様子を見ながらお好みの精米が出来ます。


胚芽米
胚芽米モードで精米すると、精米ブレードの回転が遅くなり、
胚芽部分が残ります。
古いお米が蘇る再精米
なんと3ぶ精米で、古い白米の皮を少しむきます。
すると、あら不思議、精米仕立ての味に。
精米ぐあいは、自由自在
画像では、3合入れたのに1合のボタンで精米しています。
すると、作動する時間が短いので、出来上がりは5分程度になります。

定価32,800円(税抜)なので、税込で、34,440円です。

少々お高いですが、玄米は白米に比べ、安く手に入るので、すぐに元は取れると思います。


何よりよりも、美味しくご飯をいただけることに期待しています。

胚芽米も作れます
商品番号07-012
商品名キッチン用精米機
内容サタケ製「マジックミル」
販売価格

34,440円

林さんちの玄米を、より美味しく食べてもらう為に、キッチン用精米機を販売します。