林さんちの専務の徒然日記「な~んも専務のひとり言」

2020年03月18日

畔塗りしてるとカラスが集まってきます
このエリアは近くに公園があるので特に集まります
作業しながらカラスの観察です(バードウォッチング?
時々、トンビも登場、カラスとトンビはとっても仲が悪い
畔んたまでにらみ合い、しつに面白い!
1f8ec5bf39f80281c93d2f7da0b9cdae1744ee0c.JPG

2020年03月17日

画像テスト!
これからはスマホから更新予定です(その準備中です)

ちなみにこの画像はバイクの四連キャブレターです(修理中)
CB750Fキャブレター

DSC_1862.JPG

2019年02月26日

今年は雪も無く早めの畦塗り作業開始です
と、しゃちょー浩陽さんが自慢のカメラで動画撮影
会社紹介の撮影だし、常にあて舵を取りながらまっすぐに集中
普段はけっこう適当?に畦塗り作業しますが・・・(曲がりまっすぐ?)
畦ぬり中は他のことを考えてます(手が勝手に動きますから)...
もう何十年も畦ぬり作業してるしね!
(^^;)

今日はバイクではなくトラクターのジョイント修理です
ロータリを駆動するユニバーサルジョイント!
長年使用すると衝撃、振動、泥などでベアリング部にガタが出てきます
そのまま放置すると軸が抜けてジョイント本体まで破損する恐れがあります
その前にスパイダー(十字の部品)を新品に交換します...
ここで気を付けなければいけないのはニードルベアリングの圧入
以前、ベアリングが噛んでしまいバラバラ状態
ベアリングをカマさないように慎重に圧入(それと本体の向きも)
これでスムーズに稼働します

2019年02月21日

畦ぬり機の紹介です
この畦ぬり機は旧型(20年前導入)
今の畦ぬり機は90度ターン時でも機械が自動追従装置があって隅まで畦ぬりします
このテクノロジーはすばらしー(しかも誰でも使える)
確かに新し機械は性能はとても高いが(価格も)...
今のところ、林さんちではこの機械で十分だと考えてます
来週から本格的に畦ぬり開始です(雪も無いしね)

コイン精米機の紹介です

うちにある農機具と違って不特定多数が利用する機械

しかも365日24時間営業 日頃から点検清掃がかかせません!

2019年02月17日

エンジン積み換えて(キャブOHも)よーやく試運転(キャブ調整)

IMG_0540.JPG
アイドリング付近を調整するパイロットスクリューです(4個あります)

IMG_0556.JPG
調整でアイドリング走行から低速走行への繋がりが良くなります(信号の多いところなど)
この調整、純正では特殊工具が必要であるが、調整しやすくネジが飛び出してます(手で回せる)

IMG_0559.JPG
これなら走行しながらどこぞに適当に止めながら調整できます(これはべんり)...
青い線を基準(2回転もどし)で締めたり緩めたりしながら微調整
鳥越城一周コース、気温は3度
気温が低く手がかじかんでなかなか・・・(けっこう固い)

2019年02月16日

今日はとってもマニアっくなお話し(バイクネタ)
と、中古で買ったCB750F最終型エンジン(FC)です(シルバー)

kuri01.jpg
そして初期型エンジン(FZ)です(ブルー)

gin01.jpg
基本的な構造は同じ(ちょっとバルブが違いますが)
何が違うかと言うとエンジンの色が黒か銀...
ではなぜ最終型は黒なのか?(これってカッコいい?)
銀は地金のままだから仕上げに手間がかかるが(バフがけとか)
黒ならそのまま黒に塗ってしまえば仕上げは簡単(コストダウン?)
それにしてもせっかく綺麗なエンジンに黒なんて~(もったいない)
ステップマウントだって初期型は立派なマウント(プレート付き)
最終型はみょーに肉抜きなんかして・・・(材料の節約?)
まぁ、当時メーカーもいろいろと事情があってのことでしょー
ちなみにCB1300のキャブのトップカバー(キャップ?)
キャブ4個(4気筒)のうち外側2個はメッキ処理でピカピカ!
内側2個はメッキ処理なしでくすんでる(のこり2個ぐらいメッキすれば?)
これはちょっとあんましである(どーせ外から見えないからでしょー)

どれも時代の流れですかね、

銀より黒の方が新しく見える、見えない所にこだわる人が少なくなった
と、ヒマ時はどーでもいいことを楽しんでます!(^^;)

お笑い系百姓を陰で支えているのは実は、な~んも専務。

社長の暴走にいつも苦笑いしながらも、頑張っています。

農機具の修理ブログは、マニア必見です。