林さんちのひし餅
おひな様の季節が、やってきました。
2月3日~3月3日までが標準ですが、金沢の旧暦だと4月3日までが、飾る期間と言われます。
これって、飾り過ぎると嫁に行き遅れると言われるので、この期間は大切です。
江戸時代、贅沢が禁止されたので、おひな様のお道具に力を入れた経緯があると聞きます。
そのおかげで、絢爛豪華なひな壇が登場して、ひし餅も大きい顔して出番があるわけです。
赤、白、緑の赤は「天」、白は「人」、緑は「地の緑」を表現しています。
菱型は心臓をかたどったとも言って、無病息災を願ったものです。
ちなみに林家の子供は、男子二人なのでひな祭りはしませんが、なぜか母親が、ひな壇は飾り、武者人形は刀を振り回すとの理由で飾ってありません、、( ̄□ ̄;)!!
長期間飾る場合は、袋のままお飾りください。
豪華なお雛様用
商品番号05-004
商品名ひし餅
内容 大1組入
一辺7cm
販売価格

420円

小さなお雛様用
商品番号05-022
商品名ひし餅
内容 小1組入
一辺4cm
販売価格

210円