普通じゃないコシヒカリ まぶしい白さ!ご飯が美味しい!

林さんちの普通じゃないコシヒカリ

普通じゃない訳は土作り、肥料にあり!
長年かけて微生物の力で地力をつけ、肥料は有機肥料まいて、除草剤も極力減らし、やさしく育てています。
ちょっと贅沢してワンランク上の美味しいコシヒカリを食べたいときにおすすめ♪

普通じゃないコシヒカリ 2年産 玄米 30kg
お買い得。
商品番号02-006
商品名普通じゃないコシヒカリ
内容2年産 玄米 30kg
販売価格

15,500円

30kgの商品については日付指定のみです。また、他商品との同梱ができない場合があります。
普通じゃないコシヒカリ 2年産 玄米 10kg
運びやすい重さ。
商品番号02-007
商品名普通じゃないコシヒカリ
内容2年産 玄米 10kg
販売価格

5,200円

普通じゃないコシヒカリ 2年産 玄米 5kg
ワンランク上をどうぞ
商品番号02-086
商品名普通じゃないコシヒカリ
内容2年産 玄米 5kg
販売価格

2,650円

普通じゃないコシヒカリ 2年産 白米 5kg 真空パック
真空バックで味長持ち
商品番号02-008
商品名普通じゃないコシヒカリ
内容2年産 白米 5kg 真空パック
販売価格

3,250円

普通じゃないコシヒカリ 2年産 白米 300g
可愛い小袋で試食に
商品番号02-065
商品名普通じゃないコシヒカリ
内容2年産 白米 300g
13cm×8.5cm×4cm
販売価格

450円



  • 美味しいお米には土作りが大切

    当たり前のように思うかもしれませんが、稲が育つには土に植えてそこから栄養を吸収して育つので土作りが大切です。

    なので農家さんは何年もかけて牛糞から作るたい肥や、魚かすなどをまいて土作りをします。

    林さんちも、もちろんそうやって土づくりをしたかったのですが、重大な問題がありました。

  • 都市部の棚田、市街地での米づくりのさだめ

    話は十数年前にさかのぼります。

    自称「都市部の棚田」と呼ぶ林さんちの田んぼは、住宅地も近いのでたい肥散布などの土作りをあきらめていました。

    2年ほどたい肥散布を試みたこともありました。

  • でも、市街地の幅の広い道路をクサい、たい肥まみれの機械で横断したり、3方向家に囲まれたような田んぼでまくのはとても迷惑だし、大変でした。

    それでも化学肥料一辺倒の米作りからなんとか抜け出したくて知り合いをたどって、お会いした土作りの達人にそれならと薦められたのが「カルス菌」と「有機肥料」の組み合わせです。

  • 微生物の力で土作り、救世主「カルス菌」

    カルス菌というのは、土の中でワラや籾殻を分解して、たい肥にしてくれる微生物です。

    稲刈りが終わったあと、カルス菌をまいて、たがやしておくと冬の間にカルス菌ががんばってくれて春にはいい土になる、という仕組みです。

  • のちに分かったのですが、たい肥のクサい匂いは完熟したたい肥でなかったことが原因でした。

    なかなか完熟たい肥というのは、作るのに技術や手間が必要で、手にいれるのが難しい。

    安全なたい肥を使おうと考えたときに、その材料の糞を出す牛や豚が何を食べているか、薬を与えられているかということを調べるのはとても大変です。

  • だからこのカルス菌を使った方法は、安全、環境、手間、なにより林さんちの考えとピッタリ合っていたのです。

    今では20年以上カルス菌に土作りをしてもらって安定して美味しいお米がとれるようになったと思ってます。

    ちなみにランクが上の「超普通じゃないコシヒカリ」もカルス菌を使って土作りしています。

  • 肥料やりの3つのやさしさで美味しく育つ

    ・1つ目のやさしさは「普通じゃないコシヒカリ」は有機肥料を使っていること。


    普通の米づくりでは化学肥料を使うことが多いです。

    なぜなら、肥料1粒当たりに栄養を多く詰め込めるので栄養たっぷりの肥料だからです。

    しかし、ただ栄養を多く上げれば美味しく育つわけではありません。

    もし多すぎた場合に根っこがしなびてしまう「肥料焼け」を起こすことがあります。

  • 根っこの周りが栄養で濃くなりすぎると、逆に根っこから水分などが抜き取られてしまうのです。

    人間もちょうどいい塩加減のお味噌汁は美味しいし体にいいけど、塩くどくなりすぎると水が欲しくなり、身体に悪くなってきますよね。

    そこで、普通じゃないコシヒカリは有機肥料を使っています。

    有機肥料は、溶け出しが遅く、効き目が穏やかで、少しずつ吸収されるので稲に優しい肥料です。

  • ・2つ目のやさしさは肥料をまくタイミング。


    稲のために肥料をまくタイミングはしっかり気をかけています。

    稲は花が咲くころに多くの栄養がいるので、(人間でいう成長期ですね(^_^))そのタイミングを見計らって肥料をあげるのですが、化学肥料には春にまいておけばそのころに溶け出してくれる肥料もあります。

    ちなみに林さんちの「普通のコシヒカリ」ではこの肥料を使っています。

  • しかし、結構ギャンブルであったりもします。

    同じ条件で稲が育つことはなく、その年ごと、田んぼごとにも稲の生長ぐあいって違います。

    そのちょうどいいタイミングに溶け出してくれればいいですが、ずれてくると稲が栄養を欲しいときに溶けてくれない場合もあります。

    そこで、「普通じゃないコシヒカリ」では稲の中の穂がどのくらいになったのかを人の目で見極めて、ちょうどいい時期をねらって有機肥料をまいています。

    稲を見守り、やさしく手をかけて、美味しいお米に育てています。

  • ・3つ目のやさしさは肥料をあたえすぎない育て方。


    これは林さんちのほかのお米でも肥料をあたえすぎないように育てています。

    肥料はお米の味に大きく影響します。

    肥料をいっぱいあたえると、お米はいっぱい取れます。

    お百姓さんとしては、いっぱいお米が取れた方がうれしいです。

    なので限界ギリギリまで肥料はまきたいのです、が!肥料をあたえすぎると、今度は味が落ちていく研究結果があって、美味しくないお米になってしまいます。

    お客さんの声が直接届く林さんちでは、ごまかしがきかないので美味しいお米をめざして、通常の収穫量の15%減を目指して肥料を散布しています。

  • 農薬も極力使わない

    普通じゃないコシヒカリは殺虫剤、殺菌剤を使いません。

    水田内の除草剤も極力1~2回で、できるだけ使わないように育てています。

    こうやって除草剤を少なくできるのも、種を多くつけて翌年に、生えるような草などは注意深くチェックして生えていれば手で抜き取ります。

    そうやって毎年、草を減らしていって少ない除草回数でもしっかりと草を抑えていけるようにしています。

  • 変わった名前の名づけ秘話

    林さんちのお米は面白ネーミングが多いですが実はその第1号が「普通じゃないコシヒカリ」です。

    改名するまでは、「林さんちの有機米」として販売していました。

    理由は単純、有機肥料を使用しているから「有機米」です。

    でも平成5年にJAS法改正で、有機肥料をまいているだけでは「有機」を付けることが出来なくなりました。

  • ところが時を同じくして林さんちの商品パンフレットが今まさに印刷屋さんに入稿される寸前だったのです。

    慌ててデザイナーさんに「名前変更するからちょっと待って」と電話したら「締め切りに間に合わない!30秒以内ですぐ考えて!」と言われてしまいました。

    切羽詰まって6兆の細胞をフル動員して降って来た言葉が「普通じゃないコシヒカリ」。

    カルス菌で土中たい肥化していて、有機肥料を使っているのが、普通ではないので「普通じゃないコシヒカリ」です。

    結果、パンフレットの印刷が締め切りに滑り込みセーフで間に合いました。

  • そして驚くことが起きました。

    急きょ考えた「普通じゃないコシヒカリ」の売上が「林さんちの有機米」の時の3倍に伸びてビックリ!

    商品名って本当に大事と痛感しました。
    それからの林さんちのお米には、全て面白ネーミングが付いています。

    「林さんちの宇宙米」
    「超普通じゃないコシヒカリ」
    「女王さまミルキークィーン」
    「一番打者ハナエチゼン」
    「貴女とひとめぼれ」
    等々。

    名は、体を表す、、
    どのお米も特徴あるお米です。

    その中でも「普通じゃないコシヒカリ」は、カルス菌、有機肥料で優しく育てて美味しく仕上がっていますのでぜひご賞味ください。

  • 「野々市会」で食べられるお米

    東京と大阪で開催される野々市市に縁のある方が集まる「野々市会」に「林さんちの普通じゃないコシヒカリ」が贈答品として使われました。

    その「野々市会」の皆様からあまりの美味しさから怒涛のリピートがありました。

    ここまで褒めて頂くと百姓冥利に尽きます。

    でも一番嬉しかったのは、ご注文の際に「昔の野々市の思い出」を話せたことです。

    東京や大阪で住みながら今でも心の中の野々市は、数十年前の子供の頃のままなんですね。

ムーミンさん
林さんの大ファンの男の子3兄弟は、たまにスーパーのお米から林さんのお米に変わると鼻をくっつけて、『あ!林さんのお米や!』とわかります。子供は正直ですね。本当においしいです。
馬場さん
無農薬、低農薬のお米が安心でいただき始めました。
もう長い年月お世話になっています。注文してすぐ発送していただけること
お米といっしょに写真入りお便りで様子を知ることが出来るのもうれしい。
地元の子供たちの食育に尽力されていることえらいと思います。
Nさん
病気しがちだった息子を、強くたくましく育てたい!まずはお米から!と、必死な思いでお米屋さん探しを始め、林さんのことを知りました。
以来、購入させていただき6~7年たちますが、いつもお米作りへの情熱そしてお客さんや市域の方々への思いやりにあふれているのを感じ、林さんちのお米にしてよかったなぁと、しみじみ思っています。もちろんお味もとてもおいしいです!これからもよろしくお願いします。
もりたさんちさん
もう何年もリピートしています。林さんちのお米は、玄米を白米に精米して食べてもおいしいのですが、七分づきや胚芽米に精米していただいても、こくがあってとてもおいしいです。また、商品と一緒に同封されている「林さんちの田んぼ便り」を読むのも、とても楽しみにしています。

林さんちはこんなとこ

林さんちは「株式会社 林農産」という、お米、お餅、大豆を作る農業法人です。23世紀型お笑い系百姓を掲げ、代表取締役社長 林 浩陽 と愉快な社員さん9名で営んでいます。



  • 平成4年に当時先進的だったパソコンを使った経営で天皇杯を受賞

    天皇陛下はいい人でした!

  • 平成29年には食育活動が評価され、「青少年の体験活動推進企業表彰」で「審査委員会奨励賞(中小企業部門)」を受賞

    子供達からもらったつなぎで出席です!

  • その他にも、お笑い系が受けてかTVやラジオなどにも時々お呼ばれしています。

    平成29年9月20日に地元テレビ局の北陸放送「絶好調W」でアンミカさんとじゅんいちダビッドソンさんに新米のおにぎりを振舞った様子が放送されました。

林さんちのお米は玄米食向き!

玄米食をしようと思って玄米を買ったけど、炊いてみると籾が残っていてガリッと口の中で嫌な音がした経験ありませんか?私はあります…

そんな玄米食で嫌な経験する人をこれ以上増やさないため、林さんちでは色彩選別機を導入しています。

これは玄米の袋詰めのときに、流れる玄米から瞬時に籾を判別し吹き飛ばしてくれるスグレモノ!この機械のおかげで林さんちの玄米は籾ほぼゼロ!

玄米食をしている方は、ぜひ林さんちのお米を試してみてください。



分づき精米も承っております

林さんちのお米は玄米食向きに作っていますが、それでもいきなり玄米は食べづらい、家族が嫌がるということはよくあると思います。そんなあなたに分づき精米はいかがですか?

  • 分づき精米とは、通常玄米を精米するときには表面の皮を全て削り取るのですが、少しだけ削り取ることをいいます。林さんちでは削り取る度合いによって玄米に近い方から玄米→3分→5分→7分→標準(白米)→上白の中から選んでいただけます。3分でも、玄米の皮のバリっとした感じが減り、もっちり食べやすくなります。食感が苦手な方は試してみると良いと思います。

玄米を注文し精米を希望される方は、ご注文手続きのページの通信欄に精米度合を3分・5分・7分・標準・上白からお選びいただき、「~分づき 精米希望」と希望の精米度合と精米希望の旨をご記入ください。


追加料金は下記の表の通りです。

分づき精米の追加料金を含むお買い物の合計金額については、注文確定後にメールでのご連絡となります。


  • 1袋当たりの追加料金表
    玄米量精米手数料精米料金合計
    2kg200円100円300円
    5kg200円100円300円
    10kg200円100円300円
    30kg200円300円500円

  • ・自社精米の為、すべて紙袋詰めになります。
    ・玄米は精米すると1割ほど量が減ります。
    ・精米度合いが高い時、精米する玄米の量が少ない時など、条件によって減る量は増減します。

普通じゃないコシヒカリの商品一覧

お買い得。
商品番号02-006
商品名普通じゃないコシヒカリ
内容2年産 玄米 30kg
販売価格

15,500円

30kgの商品については日付指定のみです。また、他商品との同梱ができない場合があります。
運びやすい重さ。
商品番号02-007
商品名普通じゃないコシヒカリ
内容2年産 玄米 10kg
販売価格

5,200円

ワンランク上をどうぞ
商品番号02-086
商品名普通じゃないコシヒカリ
内容2年産 玄米 5kg
販売価格

2,650円

真空バックで味長持ち
商品番号02-008
商品名普通じゃないコシヒカリ
内容2年産 白米 5kg 真空パック
販売価格

3,250円

可愛い小袋で試食に
商品番号02-065
商品名普通じゃないコシヒカリ
内容2年産 白米 300g
13cm×8.5cm×4cm
販売価格

450円



こっちの商品はいかがですか?
  • さらに無農薬にこだわるなら

  • 柔らか目の食感がお好みのあなたには